アーカイブ

婚活イベントはまず楽しむこと

婚活イベントに参加したことがあるのですが、結構アウトドアなもので疲れましたね。
運動不足がここに来てしまったというかんじでしょうか。
ですので、これから婚活イベントに参加するという人は、覚悟しておいたほうが良いかもしれません。

ですが、心地よい疲れなので気にしすぎなくて良いと思います。

婚活イベントでは、同性とか異性とか関係なく、色んな人と話すことが出来ます。
正直、それだけでも凄く楽しいです。

婚活イベントはまず、楽しまないとどうしようもありません。
楽しくないとそれが顔に出て、魅力が損なわれてしまいます。
緊張はしてしまうと思いますが、それは仕方ありません。
それでも楽しもうとすることが重要なのです。

周りにも、つまらなそうな人はいました。
その人は結構美人だったと思うのですが、何があったのかずっとふてくされていて、その美しい顔が台無しでした。
それよりは、決して特別美人ではないけれどニコニコしている人のほうがずっと魅力的に見えると思いました。
ふてくされていて良いことなんてありません。

どうせなら思いっきり楽しんでしまいましょう。
そのほうが、終わったときも良い気持ちで終わることが出来ます。
食べたり飲んだり、お喋りしたり、初めて会う人と一緒に行うのは難しいかもしれませんが、すぐ慣れていきます。
そこからどうやって恋愛に発展させるかは個人によって様々ですが、まずはコミュニケーションをとらないと話になりません。
まずは他愛も無い事ことから出良いのです。

みんな、それぞれ緊張しています。
誰かが会話を始めるだけで安心してしまいますし、そこから色々なものが生まれるかもしれません。
空回りしてしまうと雰囲気が台無しになってしまうので、ほどごどにというかんじで良いと思います。
色々気を使うのは大変かもしれませんが、自分だけが大変なわけではないと思うのもコツかもしれません。
とにかく、楽しんで色んな人と話してください。
それだけで、次に繋がります。

一人でも参加が可能な婚活パーティーは異業種の人と知り合えるチャンスです!

20代も後半になると「結婚ラッシュ」がやってきます。
この時は、友人や知人などの結婚式や二次会にも呼ばれる機会が多くなり、「出会いの場」も増えてきます。
しかし、この時期を逃すと出会いがなくなってしまう傾向にあります。
「出会いがないから結婚ができない」と思っている人は自分からどんどん「出会いの場」を求めることをお勧めします。
待っているだけでは時間が過ぎていくだけです。
年齢とともに時間の経過も早く感じがちです。
何もしなければ、ただ同じ一年間が過ぎていってしまいます。

おすすめは婚活パーティへの参加です。

「一人では敷居が高い」と思われがちな婚活パーティーですが、実はおひとり様での参加率が高いのが特徴です。
ですから、一人で行っても全然大丈夫なのです。
婚活パーティーによっては年齢制限や収入制限などを設けているものもあり、自分の希望の条件に当てはまる男性のみの参加のパーティーもあります。
「婚活=結婚」を考えている方も多いでしょうから、こうした企画をしているパーティーへの参加が良いでしょう。

  • 会場は都心の飲食店が多く利便性も抜群です。

まず、相手のプロフィールを見る時間があります。
そのあと、一人ずつ数分ほどお話しする時間が設けてあり、その後はフリータイムとなるのが一般的です。
話すことが苦手な方でも、男性陣がわりと積極的にしゃべりかけてくれるので大丈夫です。

  • 婚活パーティーのメリットは、「異業種の方と知り合えること」です。

出会いの場というのは自分の身近な職種の方に限定されることが多いのですが、婚活パーティーには本当に様々な業種の仕事をしている方がいらっしゃいます。
違う業界の方々と交流できるチャンスです。

  • また、一度に大勢の人との出会いがあることも魅力でしょう。

合コンや紹介などでは数人ですから、自分の好みの男性を見つけるのも難しいのが現状です。
たくさんの男性陣がいればそれだけ「付き合いたい」と思える男性を見つける確率も増えていきます。
婚活パーティでは、残念ながら「いいな」と思う人が見つからなくても、連絡先の交換ぐらいはしておくのがベストです。
その方を通じてさらなる出会いが期待できます。

こうしてみると、「参加料がかかる」という以外でメリットもないように思います。
時間に余裕があるときには、ぜひ、婚活パーティーに参加してみるとよいでしょう。

婚活パーティーに参加して大事だと思ったこと

婚活したいと思い、色々調べてみた末に婚活パーティーに参加してみました。
お酒もOKということでどうなるのかなと思っていたのですが、思っていたほど不安なことはありませんでした。
どちらかというとずっと緊張していたので、もう少しリラックスした上で参加したかったですね。
では何故不安がありながらお酒可なところに参加したのかというと、素を見れるかなと思ったからです。
お酒を飲んでどんなふうになるのかを見たかったというのは大きいですね。

普段優しそうな人でも酒癖が悪いのは嫌です。ですが、お酒不可なところだと、そんなことが分かるはずもありません。

だからこそ、お酒可なところに参加した次第です。

セクハラするような人がいたり、酒癖が悪い人がいたらどうしようと思っていましたが、そんな人はいなかったように思います。
眠くなってしまった人や笑い上戸になった人、凄く話すようになった人がいましたが、それは別に良いと思います。
眠くなるのは仕方ないと思いますし、笑い上戸になったり饒舌になるのはむしろポジティブに捉えたほうが良いような気がします。
ですので、お酒について心配している人はいると思いますが、気にしすぎなくて良いのではないでしょうか。
もしそういう人がいたら、スタッフさんに言うと対応してくれると思います。
肝心の出会いについてですが、お酒のおかげで話は弾んだのですが、そこではちゃんとした出会いはありませんでした。
でも、良い人ばかりで楽しかったです。

というよりも、最初から出会えるとは思っていません。
船出としては最高のスタートだったと思いますし、あまり欲張りすぎてはいけないと思います。
徐々にというかんじで良いのではないでしょうか。
まずは雰囲気に慣れることが大事だと思いますし、それが出来ないといつまでも緊張しっぱなしで、目の前にいる人のこともよく分からなくなります。
ですので最初のうちは、数をこなすことも大事なのかもしれません。